前へ
次へ

お香典金額は間柄や年代で異なる葬儀マナー

故人に対しての供養のために持参するお香典ですが、現金を包んで持って行くのはそれだけが理由ではありません。当然ですがお葬式はいつも突然起こることであり、お葬式を出すということはイコールで出費があるということです。人生の中では何度か大きな出費に遭遇をすることがありますが、その中でもお葬式はまとまった出費になります。でも急なことなので金銭的にも大変になるため、それを助ける意味合いでもお香典を参列者が持参するのも理由です。知っておきたいのがお香典袋に入れる金額の葬儀マナーであり、誰でも一律の金額というわけではありません。自分と故人との間柄だとか、様々なつながりや理由により包む金額は異なります。関係性だけではなく年代によっても、お香典の金額は違うことも知っておきたい葬儀マナーです。例えば祖父母の場合に20代なら1万円程度ですが、30代にもなれば1万円から3万円くらい、40代以上であれば3万円から5万円が目安になります。

Page Top