前へ
次へ

遺族以外で参列する場合の服装の葬儀マナー

葬儀マナーとして、服装には注意が必要です。通常喪服を着用しますが、平服でも問題ないといわれています。遺族でなければ、通夜だけでなく告別式も地味であれば平服で参列が可能といわれています。ただし、平服であっても葬儀マナーがあります。男性の場合には、地味なカラーのスーツ、そしてネクタイと靴は黒を選びます。スーツはダブルでもシングルでもどちらでも可能ですが、上下違ったスーツはNGです。ワイシャツは白地の長袖、靴下も黒を選び、ネクタイピンは付けないようにします。女性の場合であっても地味なカラーのスーツやワンピース、靴は黒を着用します。靴のヒールの高さは3~5センチ程度のフォーマルなものを選びます。アクセサリーは、結婚指輪以外は身に着けないことが一般的ですが、パールのネックレスなどは身に着けても可能といわれています。髪が長い場合には、シンプルにまとめ髪をしておきます。通夜に喪服姿で訪れた場合には、不幸を予定していたのでは、ということにも繋がるため、平服のほうが無難といわれています。近年、通夜のみの参列する人が増えています。通夜のみの場合には、喪服での参列するようにします。

Page Top