前へ
次へ

不祝儀袋に香典は入れて渡すのが葬儀マナー

お葬式の時には香典を持参しますが、通夜かもしくは葬儀や告別式の際に、忘れずに持って行くのが葬儀マナー

more

ガムを噛みながらの参列は葬儀マナーに反する

小腹を満たすアイテムとしてキャンディーやガムは重宝をしますが、葬儀会場では口に食べ物を入れて歩くのは

more

お香典金額は間柄や年代で異なる葬儀マナー

故人に対しての供養のために持参するお香典ですが、現金を包んで持って行くのはそれだけが理由ではありませ

more

着用する服装の葬儀マナー

葬儀においては、どういった服装の状態で参列しても良いなんてことはなく、葬儀マナーに基づいた形で参列することが求められます。故人を偲ぶためにマッチする服装を選ばないといけません。 どういったポジションで参列するかにより服装の葬儀マナーが違います。いきなりの葬儀にも適応できるように、事前準備を行なっておきましょう。 喪主としての経験は、人生内でたびたびあるわけではありません。しかしながら、現実にそのポジションになったときには喪主としてやらなければならないことがたくさんあり、服装ついて時間を掛けられません。 万が一の時のために、あらかじめ知識をつけておくことが重要になります。その上喪主ではないのに似たような服装をしてしまうことは、行儀作法としては差し障るため気をつけなければなりません。 喪服にランクがあります。正喪服は喪主はもとより3親等までの遺族が着ます。男性の方は、和装では慶事と弔事のいずれも活用できる紋付羽織袴を着ます。慶事との異なるところは、羽織の紐及び下駄の鼻緒に黒が使用できること、扇子を持つことが求められないことです。洋装はモーニングコートを着ます。 女性の方は、和装でしたら黒無地の紋付に対して袋帯か名古屋帯を着ます。白の足袋に対して黒の下駄を履いて、帯留めの使用は避けるのが通例です。また、レンタルできる斎場や葬儀社も少なくありません。自分自身で着付けることが行なえなかったり、持ち合わせていなかったりする時には、相談を持ち掛けてみると良いでしょう。洋装では黒無地のワンピース並びにアンサンブルを着ます。 喪主や遺族の他は、正喪服に準拠した服の準喪服を着ることになります。男性の方は、慶弔いずれも使うことができる礼服用のブラックスーツを着ます。ネクタイや靴といった小物に関しても黒を取り揃えておきましょう。女性の方は、黒のワンピースといったフォーマルなものを着ます。 お通夜はいきなりの訃報に喪服の事前準備ができないといった意味を表すために、平服で参列するのが行儀作法といわれていました。しかしながら近年は、お通夜についても葬儀と同様に準喪服の状態で参列することが基本です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top