前へ
次へ

不祝儀袋に香典は入れて渡すのが葬儀マナー

お葬式の時には香典を持参しますが、通夜かもしくは葬儀や告別式の際に、忘れずに持って行くのが葬儀マナーです。基本的にお葬式には持参しなければいけないものは少ないですから、肝心の香典袋を忘れてしまわぬよう気を付けます。故人の霊前にお花やお線香ではなく、その代わりにお供えをするのが香典でありお金です。お香の意味を含んでいるのが香のほうで、お供えを意味するのは典であり、急いでいたとしても受け付けてお財布からお札を出してそのまま渡してはいけません。茶封筒など身近な手軽に使える封筒などに入れるのもNGであり、不祝儀袋にあらかじめ入れて持参するのが葬儀マナーです。香典袋は文房具店はもちろんのこと、コンビニなどでも販売していることがあります。ネットショップでも取り扱いはしていますが、通夜やお葬式の連絡は急に来るのでコンビニで調達をする人も少なくはありません。食料品と共にささやかな日用品や雑貨を取り扱う、スーパーマーケットにも置いてあることが多いです。

Page Top