前へ
次へ

気をつけたい葬儀マナーの言葉遣い

弔問する前に正しい言葉遣いの葬儀マナーを知っておきましょう。弔問するときは、玄関で靴を脱ぐ前に一言弔辞を述べるのがマナーです。「心よりご冥福をお祈りいたします。」「この度は御愁傷様でございました。心やりお悔やみ申し上げます。」などが一般的です。弔辞を述べる際は、心を込め小さな声で簡潔に伝えることが重要です。遺族は、故人を亡くしたショックでナーバスになっています。長時間話すのは避け、精神的負担をかけないよう注意しましょう。メールで伝える場合も同様に、簡潔な文章がベストです。最後に遺族をいたわる言葉を添えるとスマートです。キリスト教では、神のもとへ召されたと考えます。「安らかなお眠りをお祈りいたします。」など故人を偲ぶ言葉が一般的です。仏教とは少し違うので注意が必要です。同じことを二回続ける言葉や直接的な言葉はタブーです。柔らかい言葉遣いを心がけましょう。葬儀マナーは色々ありますが、言葉使いも大切なマナーです。正しい言葉遣いを心がけましょう。

Page Top