前へ
次へ

長居や飲みすぎには注意したい葬儀マナー

遺族は悲しみの中にいますし、訪れる人も皆がしめやかな雰囲気の葬儀ですから、基本的な葬儀マナーは守らなければなりません。うっかりしやすい葬儀マナーとして、通夜ぶるまいや精進おとしなどがあります。お通夜参列後には声をかけてもらい、通夜ぶるまいにお邪魔することもありますが、お酒や食べ物が用意されているのでいただくのは構いません。飲食をふるまい参列者をもてなすために用意をされていますが、アルコールを飲みすぎないように要注意です。遺族は飲食を勧めてはくれますが、度を過ぎて食べ過ぎたり飲みすぎないようにします。わざわざ足を運んでくれた参列者に対してのお礼でもありますし、お酒などはお清めの意味も含むため、気持ち程度に少しだけ頂くことです。何よりも通夜ぶるまいや精進落としは、故人を供養するためにもしていることなので、ありがたくいただきますが長居をしてはいけません。お酒が回ってしまって大声を出したり、騒ぐようでは問題です。

Page Top